【はじめに】

《阪町屋〜さかまちや〜》は
大阪市内のミナミに位置する[千日前2丁目]にあります。
[黒門市場] [道頓堀] [でんでんタウン] [なんばグランド花月]など
大阪の観光スポットに囲まれています。
祖父の時代から受け継がれた築約60年の家屋を
最小限のリフォームで昔の良き趣きを残しました。
屋号を決めるのに迷いはありませんでした。
この家が建てられた頃の町名です。
.

【〜 江戸時代】

●豊臣時代に上町台地の西に仁徳天皇を祀る
御神体を移し「高津」と名付けられ[町]でなく
[村]と呼ばれていました。
上町台地を境に東が『東高津村』で西が『西高津村』
阪町は『西高津村』に入ります。
この頃からこの一帯は少しずつ[町]へ変わっていきます。
そして阪町の誕生です。
実は京都の伏見から移住した人々が命名したそうです。
しかも移住先は玉造で名前は『伏見坂町』。
その後、江戸時代中頃に現在地に移住して
『元伏見坂町』になり前を省略して『坂町』に。
『坂』は「土に反る」といわれ忌字としたので
『阪』を使ったそうです。
そういえば「大阪」も元は「大坂』。
江戸時代『町』と『村』は門で区切られていたそうです。
この門が黒く塗られていて...これが黒門市場の黒門です。
.

【明治】


このあとからは行政区画の変更が頻繁に行われます。
明治初頭は西成郡西高津村
■ 明治22年町村制の施行で難波村大字西高津の一部に
■ 明治30年大阪市に編入され大阪市南区難波大字西高津
■ 明治33年一部が南阪町へ

●地図は明治45年当時の地図
.

【昭和〜】

■ 昭和18年ふたたび南区南阪町へ編入
■ 昭和57年住居表示の実施で南区千日前と表記
■ 平成元年東区との統合で中央区へ。
■ 明治〜昭和の激動の時代は住所表記も激動です。
実は現在の千日前2丁目は阪町より千日前通りをはさんで
南に飛び地として存在してたので南阪町なんです。
だから『阪町屋』は本当は『南阪町屋』なんですが.....
昔の人に習い呼びやすく響きよい[阪町屋]となりました。
1950年頃、この地に建った当時の写真。
「なまこ壁」と「外灯」が印象的。
現在はこの当時の建具前に一枚、扉が追加されています。
● 今現在、阪町周辺には昔の面影が消えつつりますが
なんとか『阪町屋』で歯止めをとも感じております。
.

*大阪/なんば千日前にある小さな町家 とんぼ玉と和雑貨を手作りしているお店*
 
 
阪町屋 (さかまちや)
 
大阪市中央区千日前2-2-6
 黒門市場より徒歩1分

 
定休日 (月)・(火)
 
営業時間11:00-16:00
 電話 06-6636-1623
 
http://www.sakamatiya.com